月別アーカイブ: 2020年9月

10月~来年2月までの日曜坐禅会の日程

新型コロナ対策のため一部制限を設けて開催を致しております。

※今後もコロナ禍の事態悪化により、急遽休止となる可能性もございますのでご了承ください。

日程

・10月は4,18,25日の開催予定です

・11月は本山行事の為お休みです

・12月は6,13,20日の開催予定です

・来年1月は10,24,31日の開催予定です

・来年2月は7,14,21,28日の開催予定です

 

 

新型コロナウイルス対策

・時間を短縮し6時半から7時までとさせていただきます(坐禅1炷)

・席を半分にして、臨席を避け、参加者同士が対面にならないようにします

・当面の間、坐禅前の掃除はありません

・体調の優れない方のご参加はご遠慮願います

・坐禅中もマスクの着用をお願いいたします

・大人数でのご参加はご遠慮ください

 

当面の間は以上のような形で開催いたしますが、動向を見守りながら、段階的に通常の状態に戻していく予定です。(またコロナウイルスの状況次第で逆にやむを得ず休止になる可能性もありますが何卒ご了承ください)

変更がありましたら当ホームページでお知らせを致します。

ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

合掌

《東福寺の至宝巡り》現在のコース

日程 2020年7月11日(土)〜10月31日(土) ※当日は東福寺スタッフがガイドとして同行し、各所をご案内いたします。
参加人数 1日5組様限定(1組5人以上)
集合場所 東福寺 方丈 受付まで
拝観場所 ・光明宝殿(重要文化財・一般非公開)
・龍吟庵(国宝・一般非公開)
・方丈(一般公開/本坊庫裡にて抹茶をご用意しております)
拝観料 5,000円(1人)

 

お申し込み

Tel.075-561-0087

(お申し込み受け付けは時間は、「午後13時30分拝観スタート」までの受け付けとなります。)
スタート時間は9:00・10:30・12:00・13:30になり詳しくはご連絡ください。

【光明宝殿】
禅宗寺院では大変珍しい、重文の仏像の数々を特別公開

創建当初の東福寺は今日の禅宗寺院の坐禅修行に象徴される純粋な禅寺というよりは、禅宗と密教(天台宗・真言宗)を合わせたような寺院でした。よって禅宗寺院ではあまりお釈迦様以外の偶像(仏像)を信仰しませんが、東福寺にはお釈迦様以外の密教寺院由来の仏像が沢山伝わっております。
この光明宝殿には一般非公開の重文の仏像を空調管理し、大切に保管しております。

  • 重文 阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう) 平安時代
  • 重文 朱漆塗牡丹唐草文透彫卓(しゅうるしぬりぼたんからくさもんすかしぼりしょく)南北朝時代
  • 重文 金剛力士立像(こんごうりきしりゅうぞう) 鎌倉時代
  • 重文 二天王立像(にてんのうりゅうぞう) 室町時代
  • 重文 地蔵菩薩坐像(じぞうぼさつざぞう) 鎌倉時代

ほか

※重森三玲の庭を眺める特別席にてお抹茶のご提供もございます。

詳しくは特設ページをご覧ください。

course02_03a

 

二〇二〇年九月二十二日 秋季彼岸会についてのお知らせ

平素は東福寺に格別の御法愛を頂き心より感謝を申し上げます。

九月二十二日の秋季彼岸会法要は行いますが、以下の新型コロナ感染対策を実施させていただきます。

 

1:熱のある方、咳・くしゃみの出る方の参拝はご遠慮ください。

2:マスクの着用をお願いいたします。

※未着用の方の参拝はお断りさせていただきます。

3:水向けの中止

接触機会の低減のため水向けを中止し、焼香のみと

させていただきます。

4:堂内待機をお断りさせていただきます。

三密の形成を避けるため、堂内待機をお断りさせていただきます。

水塔婆を供え焼香された方は速やかに退堂していただきます

 

何卒、ご理解ご協力を頂きますようよろしくお願い申し上げます。

大本山 東福寺 祠堂課

(参列順路↓)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

法堂・三門特別公開

【法堂・三門特別公開】
令和2年度「第56回京都非公開文化財特別公開」が始まりました。
令和2年9月1日から12月13日までの間、東福寺は法堂と三門が公開されます。
通常非公開の伽藍の内部や仏像をゆっくりとご覧いただけます。
詳しくは京都古文化保存協会まで

http://www.kobunka.com/tokubetsu/index.html

東福寺のインスタグラムでも様子をご紹介していきます

https://www.instagram.com/tofukuji_zen_temple/?hl=ja